2010年01月12日

Pinotくんの手術

Noirちゃんの第3回体重測定の日


気になるPinotくんのアポイントも取ってたんです。
120110(1).JPG
左足の関節の所に小さなハゲがっ!
しかもちょっと膨らんでる気がする・・・・・。



で、虫にかまれたか、できものができたか・・・。
たいしたことないと思ってたんですよね。


でも月曜日の朝に手術になり・・・。

朝、ママのお仕事前に大好きな犬のぬいぐるみと、ママの手編みの
ブランケットと一緒にPinotくんを病院へ。

なんだかしこりがあるから取り除かないと!と言われ。


ずっと行ってる病院なんだけど、先生が代わったんです。
若い女医さんに。

でも、ものすごくて・・・。
イメージ的には財前教授。

「あなたは手術するしかありませんよ!」

みたいな。。。。

ちゃんと説明はしてくれるんですけどね。
そして、やさしいセンセイなんですけどね。
(ってなんだか言い訳してるみたいだわ)


で、手術の話に戻ります。

手術の時って麻酔をかけるのでリスクがあるんだけど、
その時に病院でいろいろ無料でやってくれます。
もちろん希望により!ですけどね。

普段病院嫌いなPinotくんだと難しい歯のチェック、皮膚のチェック、
目や耳のチェック。

ほかにもありがたい爪きりとかね。

なので、手術だからとネガティブにならず、
健康診断もしてもらって、血液検査もしてもらって、
いろいろ安心って思うようにしてます。


で、職場に3時頃電話で、Pinotくんは大丈夫よ。
無事に手術も終わり、意識もはっきりしていますので、
早めに迎えに来てもいいですよ〜!
ってね。

ママはひと安心。

でも夕方5時までは仕事だったので、それからすぐにお迎えに!
いつもだったら看護婦さんに抱っこなんてありえないPinotくんが、
おとなしく抱っこされて出てきました。


いい子だったわよ〜って褒めてもらってね。


珍しい。
きっとよほど心細かったのでしょうね。




120110(2).jpg
青い包帯に巻かれながら、元気に帰ってきました。



お散歩は2,3日く禁止。
トイレだけ外に出してもOK。



その後も、オンリードでのお散歩でしばらく様子をみましょうと。




Pinotくんを連れて帰ったらNoirちゃんは大喜び。
120110(3).jpg
「お兄ちゃん、お帰り〜!」

といつもの喜びの舞。




120110(4).jpg
ずっとそばから離れずにいました。


数日後に無事に包帯も取れました。
120110(5).jpg
Pinotくん4針縫いました。


抜糸はそれから約10日後でした。




続きはまた明日。




↓クリックありがとうございます。
banner_02.gif


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。